全身麻酔導入パック Anesthesia

CDACでは
皆さまのクリニックに
『日帰り全身麻酔の
導入』をサポートします

「血圧が高い」、「血液をサラサラにする薬を服用している」など・・さまざまさ疾患を有する患者さんが増え、超高齢時代も相まって歯科治療時や周術期の医療安全が求められています。皆さまのクリニックで、より高度な麻酔管理方法を提供したい。歯科治療の高度化に伴って日帰り全身麻酔を導入したいなど・・CDACでは、『日帰り全身麻酔』という安全で快適な全身管理法を皆様にクリニックに導入するサポートをしております。

日帰り全身麻酔とは

日帰り全身麻酔は、その日のうちに帰宅できる麻酔管理方法で、2時間程度の広範囲むし歯・歯周病治療や、口腔外科処置(親知らずの抜歯やインプラント治療、骨再生手術)、静脈内鎮静法では管理の難しい患者さんになどに適応です。CDACに所属する日本歯科麻酔学会認定医・専門医が全身麻酔を行い、患者さんは眠っている環境で、痛みや不安を感じることなく、術者(歯科医師)は治療や手術に集中することができます。
治療が終わってから2時間程度クリニック内でお休み頂き、その間、歯科麻酔科医が術後管理を行って、意識や呼吸状態も含めて術後合併症がないことを確認した後に帰宅となります。

日帰り全身麻酔が
適応となる歯科治療

  • 多数歯の
    虫歯治療
  • 親知らず
    (智歯)の抜歯
  • インプラント外科
    や口腔外科手術
  • 歯科治療に
    非協力な小児患者

これら、歯科医療分野においてもさまざまな応用が可能です。

適応患者さん

  • 重度の異常絞扼反射(嘔吐反射)がある患者
  • 静脈内鎮静法の薬物的行動調整では管理の難しい患者
  • 歯科恐怖症患者の多数歯にわたる治療を必要とする場合
  • 歯科治療に非協力的な小児患者
  • 静脈内鎮静法では対応が難しい障がい者
  • 外科的な侵襲の大きなインプラント手術や口腔外科的な手術を受ける患者

静脈内鎮静法との違い

気道管理を確実に行える全身麻酔法は、患者さんは眠っていますので痛みや不安を感じることなく快適な治療が受けられます。歯科麻酔科医にとっては確実な全身管理を行うことができ、術者となる歯科医師は確実な治療を提供できる3者にとって大きなメリットをもたらします。
特に静脈内鎮静法が適応できない患者さんには全身麻酔が安全です。静脈内鎮静法だけではコントロールの難しい異常絞扼反射(嘔吐反射)がある患者さんや障がい者では、歯の切削中の急な体動によってタービンやエンジンで口唇や頬粘膜、舌を巻きこむリスクは高く、歯科治療や手術そのもので偶発症を引き起こす危険度が高まります。静脈内鎮静法で使用する薬剤をたくさん使うと呼吸管理が難しくなり、帰宅時間が遅くなるという様々なデメリットが生じます。このようなケースでは、無理して静脈内鎮静法を行うより「日帰り全身麻酔」を活用したほうが、安全で快適な歯科治療を提供できるのです。

日帰り全身麻酔に
必要な設備

歯科医院に全身麻酔のシステムを導入するにあたって、クリニック側の設備や、購入器材などいくつかの要件が求められます。

  • 2.5×3m程度の広さの治療室
  • 大型酸素ボンベ2本の設置スペース
  • 術後に休むための回復室

日帰り全身麻酔に必要な
設備や器材

  • 全身麻酔器
  • 生体情報モニター(呼気麻酔ガス濃度や呼気二酸化炭素濃度測定可能なもの)
  • 酸素供給設備(医療配管・酸素ボンベなど)
  • 薬剤(全身麻酔薬・筋弛緩薬・麻薬性鎮痛薬
    など)
  • 全身麻酔関連器材(喉頭鏡・挿管チューブ・固定テープなど)
  • 回復室

日帰り全身麻酔の
導入までのサポート

これまでのCDACのノウハウを活かし、全身麻酔の導入から運用において歯科麻酔科医がサポートします。

STEP事前打ち合わせ(設計
段階での打ち合わせ)

歯科麻酔科医として手術室の大きさや、全身麻酔器や酸素ボンベの設置場所をアドバイス

STEP配管設備の確認

医療配管の設置を行うかどうかで機種選定が変わってきます。

STEP近隣病院との連携

いつでも相談できる医師との連携を行います

STEP薬剤購入手続き

CDACが推奨する薬剤や緊急薬品などを選定

STEP全身麻酔器・備品の
アドバイスや購入

予算や目的に応じた全身麻酔器や必要な器材を選定

STEPスタッフも含めた
医院環境作り

クリニックとしての日帰り全身麻酔に関わるシステムを提案

STEP日帰り全身麻酔を
活用した歯科治療や
手術の提供

CDACメンバーが全身麻酔の対応を行います

CDACによる
全身麻酔のサポート体制

「全身麻酔器」の導入を検討されている先生はこちらから

CDAC日帰り全身麻酔
サポートパック

180,000円(消費税込み)
+交通費実費
  • CDACメンバーが直接クリニックに
    伺っての打ち合わせ(3回程度)
  • 図面の打ち合わせや全身麻酔器の
    選定を行います
  • Webでのサポート
  • 日帰り全身麻酔を導入している
    クリニック見学

歯科麻酔科医(全身麻酔)の継続サポートを受けたい先生は
こちらから

CDAC
サポートクリニック
入会のお知らせ

皆さまのクリニックに全身麻酔の設備導入後は、「CDACサポートクリニック」にご登録いただけますと、全身麻酔を含む、歯科麻酔学的なサポートをCDACメンバーがバックアップします。

132,000円(消費税込み)
/1年間

CDACサポート
クリニック会員特典

  • 全身麻酔業務のサポートを
    受けられます

    日本歯科麻酔学会認定医・専門医による皆さまのクリニックに全身麻酔を導入する部分から、実際の運営方法、日帰り全身麻酔業務をCDACでサポートしております。

  • 日帰り全身麻酔を担当する
    歯科麻酔科医の確保

    日本歯科麻酔学会認定医・専門医によるサポート体制が受けられる

  • CDACサポート割引での
    麻酔依頼が行える
    日帰り全身麻酔症例

    例:全身麻酔基本料金
    (2.5時間程度)

    • 通常料金88,000円(消費税含む)
    • サポート割引77,000円(消費税含む)
  • クリニックにおける全身管理の
    サポート体制の提供

    日帰り全身麻酔を導入するにあたっての院内の医療安全にかかわるサポートを行っております。

  • 「CDACサポートクリニック」
    として、患者さん向けHPへの登録

    「静脈内鎮静法」や「痛みのない歯科治療」を希望される患者さまが検索する「CDACの患者さん向けWebサイト」にクリニックの情報・ホームページが掲載されます。

  • ストローマン・ジャパン株式会社
  • ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社
  • 株式会社モリタ
  • 株式会社ジーシー
  • 株式会社セキムラ
  • ワシエスメディカル株式会社
  • 泉工医科工業株式会社
  • コアフロント株式会社
  • 株式会社ビースマイル・ジャパン